【腰痛ヘルニア】足の痺れを改善する方法を和歌山県和歌山市の整体師が解説


ヘルニアになれば腰の痛みはもちろんですが、足にシビレがでたり、力が入りにくくなり会社や学校、買い物にいくことすらままならない状況でつらい思いをされてると思います。

 

さらに、少し痛みはなくなってきたのにシビレが残ってしまい、もうこのまま完治しないのかと不安の人もいるのではないでしょうか。

 

そのような不安を解消するために、和歌山市の整体師がヘルニアによる足の痺れを改善させる方法とストレッチ・体操を解説します。

【腰痛ヘルニア】足がシビレる原因と治らない理由

はじめにヘルニアで足がシビレる原因を解説します。

 

ヘルニアで足がシビレるのは、腰の部分で椎間板が飛び出して神経を圧迫するためです。下記に図があります。

左の図はヘルニアが起こっていない人の腰椎(腰の骨)です。四角い骨「椎体」が並んでいて、その椎体と椎体の間に挟まっているのが椎間板。

 

その椎間板が右の図では赤い丸の部分でヘルニアになっているのがわかります。椎間板が背中側に飛びだし、脊髄神経を圧迫することにより、足にシビレがでます。

 

なぜ腰の神経が圧迫されているのに足にシビレが出るのか?理由は脊髄神経が下の図の様に足先までつながっているからです。

黄色く枝分かれしているのが脊髄神経です。腰の脊髄神経はお尻を通って、最後はふくらはぎや足の甲にまで伸びる神経があります。

 

腰の部分で神経が圧迫されると足までの神経の通り道が阻害されてしまうのでシビレがでます。

 

注意:ヘルニアになっても足にシビレがでない人は脊髄神経が圧迫されてる部位が下半身に移行しない部位の神経が圧迫されているからです。

【腰痛ヘルニア】足のシビレが治らない理由と解決法

次にヘルニアで痛みは無くなってきたけどシビレがなくならない理由を解説します。

 

足のシビレを治そうとして、局所的なふくらはぎのマッサージや下半身のストレッチ、体操をしてもなくならないのは、腰の神経圧迫の原因である腰椎の前弯不足を治さないといけないからです。

 

なぜ腰椎の前弯不足を治さないといけないのか。理由は下記の通りです。

左の図はヘルニアになりにくい正常な腰椎です。

 

このような椎骨の状態は生理的湾曲といって、人間本来の形で、このおかげで衝撃を吸収できる構造になっています。

 

上から上半身の重みがかかってきたとき、椎間板は全体でうまく重みを吸収しています。また椎骨の前後には靭帯があり前面にある前縦靭帯がより強度があるので、もし腰椎全体の前弯が強くなっても椎間板が青矢印の方に飛び出るのは稀です。

 

一方、右の図はヘルニアが発症しやすい腰椎です。

 

このような椎骨の状態で本来の腰椎前弯がなくなり椎間板がうまく重みを吸収できません。

 

重みのかかる頻度が少なく長期にわたらなければなんとか耐えられるかもしれませんが、毎日重みを受けていると椎間板は水分を多く含みゼリー状なので青矢印の方向に逃げようとします。また椎骨後面にある後縦靭帯は前縦靭帯ほど強度がないので椎間板が飛び出ようとする力に耐えられないことがあります。

 

このような理由から足のシビレを治すには腰椎の前弯不足を治し椎間板が飛び出ることをなくすことがもっとも有効な治療法になります。

 

腰椎前弯不足を治して足のシビレを改善する方法は下記の2つです。

【腰痛ヘルニア】足のシビレを治す3つの方法

ここからは、ヘルニアで足のシビレをなくすための腰椎の前弯不足を治す方法を解説します。

 

腰椎の前弯不足を治すにはまず、日常の仕事や運動で使いすぎている腰の筋肉を冷やしてくだい。次に骨盤の角度を中間位に戻すストレッチ・運動方法します。

 

ポイントは必ず腰を冷やすことからおこなうようにしてください。 詳細は下記の通りです。

なぜ筋肉を冷やすことから始めないといけないのかといいますと、上の図のように炎症を起こし痛みが強いと周囲の筋肉が緊張しバランスを崩します。そうなると筋肉がうまく動かなくなり椎骨の可動制もなくなり、より一層ヘルニアを悪化させてしまいます。

 

ですのでまず筋肉の緊張を解除して可動性を回復させるために冷やすことからしていきましょう。

 

・腰の筋肉の冷やし方

 

冷やし方は下記の通りです。

子供が熱をだしたときに使うアイスバッグで冷やしてください。もしなければ薬局などに売っています。

 

注意:保冷剤で冷やすと冷たすぎて皮膚が凍傷してただれてしまい、冷やすと痛みがでて冷やすことができなくなります。

 

冷湿布は皮膚表面しか冷えないのでこの場合は効果が期待できません。さらに湿布の表面には薬が塗られていて皮膚が弱い人はかぶれてしまいます。かぶれると冷やせなくなるので、できれば使わないようにしてください。

アイスバッグの中に氷を20個ほど入れてください。次にお水入れてください。お水の量は氷が半分浸かるぐらいで大丈夫です。お水を入れすぎると氷が全部溶けてしまい、アイスバッグがあまり冷たくならないので気をつけてください。

冷やす場所は、自分で痛いと感じる部分でOKです。その患部に直接アイスバッグを当ててください。このときタオルなどアイスバッグと皮膚の間に挟んでしまうと冷えないので直接当ててください。

 

アイスバッグは立った状態でゴムをまいてつけたほうがやりやすいです。もし写真のようなゴムがなければ、普段使っているベルトなどでも大丈夫です。

 

それでも巻きにく場合のときはゴムのズボンを履いて、それで挟んでください。ゴムを巻くときのポイントは、アイスバッグのフタをゴムの真ん中になるようにまいてください。寝転んだときにずれにくくしっかり冷やしてくれるようになるからです。

 

注意:冷やし始めの7分間はチクチクと痛みが出る場合があります。これは皮膚が冷えて痛みが出てるいだけなので問題ありません。8分後感覚がなくなり痛みはなくなります。

冷やす姿勢は足がしびれていない方の足を上にして横向きになり冷やしてください。このとき下記の画像のように横向きに寝てもらうとさらに楽な体勢で冷やすことができます。

膝を置けるようにクッションやタオルと挟んでください。次に黄上になっている腕でタオルを抱いてください。こうすることで完全に脱力する姿勢になり楽な姿勢で冷やせます。

 

冷やす時間は1回20分間です。痛みが強い場合や足のシビレがひどい時期は1時間に1回20分冷やすことを続けてください。

 

冷やすことで神経を圧迫しているヘルニアの患部の炎症も治ってきます。できることなら完全にシビレや痛みがなくなるまで冷やすことを続けてください。

・足のシビレを改善させる運動

 

次は足のシビレを改善させる運動です。

 

筋肉を冷やして腰の筋肉と背中の筋肉が伸び縮みするようになった後は、この運動は背骨を丸めたり伸ばしたりして背骨の可動制をだしていく運動です。背骨の可動制が戻ると椎間板も元の位置に戻りやすくなります。

 

やり方は下記の通りです。

四つん這いになり写真のように腰の力を抜きます。このときにお腹を地面の方向に向けていくのがポイントです。なるべく肘が曲がったり膝が伸びないように注意してください。

 

次に背中を丸めるようにしていきます。先ほどとは逆で、お腹を天井方向に凹ませるような感じで行ってください。

 

ゆっくり動き、1回10往復で1日3回、どちらも痛みのない範囲で行ってください。

・足のシビレを治すストレッチ

 

次に足のシビレを治すストレッチを解説します。このストレッチは腰椎の前弯不足の原因になる骨盤後傾を治す方法です。

 

やり方は下記の通りです。

イスに浅く座ります。このとき腰が丸くならないようにお尻を後ろに突き出すように座ってください。そして膝と膝の間を広げるように足を外側に動かします。

次に、腰に負担がかからない範囲で広げた膝と膝の間に上半身を倒していきます。やはりこのときも腰が丸まらないように注意してください。

 

お尻と太ももの裏側がストレッチされて気持ちいいところで体を止め、そのまま深呼吸を3回〜6回くらいします。その後、体をゆっくり戻すようにしてください。

 

これを1日に3、4回を目安におこなってください。

【腰痛ヘルニア】足のシビレを治すときにやってはいけないこと

最後にヘルニアのときにシビレを悪化させてしまう2つの行動について解説します。1つ目は、足のシビレがある状態でやわらかいソファーに座ることです。理由は下記の通りです。

やわらかいソファーに座ると腰が丸くなってしまい腰椎の前弯不足を悪化させてしまいます。ヘルニアの再発につながりますのでやめましょう。やわらかいソファーだけでなく、座面が低く座ったときに膝の高さよりお尻の位置が下がると腰が丸くなります。

 

逆に、座ったときにお尻の高さが膝より少し高くなるように調整すると腰椎が安定しやすくなります。上の写真はお尻の下に折りたたんだバスタオルを敷いてます。

 

2つ目は、腹筋運動をすることです。理由は下記の通りです。

腹筋運動は腰を丸めてしまい腰椎の前弯不足の状態をになる上、腹圧を高めることで椎間板が飛び出そうとするのを助けてしまうという最悪の形です。絶対にやめましょう。

 

逆に腹筋を伸ばす運動は有効です。やり方は下記の通りです。

まずイスに浅く腰をかけます。このとき腰が丸くならないようにお尻を後ろに突き出すように座り、背筋を伸ばします。そして自分の腕で輪を作るように両手で両肘を持ってください。

次に、できた腕の輪をくぐるようにしながら腕をあげます。あげれるところまで上げそのまま10秒キープ。背中に力が入ってるのがわかると思います。10回目安に隔日でおこないます。

まとめ

ヘルニアからのシビレをなくすにはまず筋肉をアイシングして筋肉、骨が動きやすい状態にします。

 

それから腰椎の前弯不足を治す運動とストレッチをしてください。ヘルニア幹部の環境を整えてあげることで自然治癒力がしっかり働きます。

 

和歌山県和歌山市の整体院では、ヘルニアによる足のシビレには、アイシングの施術をしながら独自の骨盤矯正で骨盤を中間位に戻します。

 

さらに、インナーマッスルリリースで幹部以外の筋肉にアプローチをしてシビレの改善をしていきます。

 

そして、自宅でできるインナーマッスル体操やバランスボールを使ったコアトレなどをアドバイスしてヘルニアにならない体作りに力を注いでいます。