股関節の痛みで手術することにならないためのオススメ運動を和歌山市の整体師が解説


股関節の痛みで一番多い原因は、変形性股関節症といわれる骨の変形です。

 

元々、股関節の穴が浅かったり、急激な体重増加で関節窩(関節の凹)と大腿骨頭(関節の凸)の位置がズレ、変形してくる疾患です。

 

今回はこの変形性股関節症のお話をします。

変形性股関節症【初期】

初期の症状としては、片側の股関節に違和感があり、長く歩いた後、もしくは次の日に足の付け根の辺りが痛くなります。

 

また、あぐらをかくことが辛くなったり、仰向けで寝ることが嫌で横向きで寝ることが多くなります。

 

しかし、自分で適当にマッサージしたりストレッチすると痛みが軽減するので放っておく人が多い状態です。

変形性股関節症【中期】

この頃になると、骨同士がぶつかりあってきますので、足の可動域、特に開く動作に制限がでるので股関節を回したりしにくくなります。

 

また、長く立っている、歩いている、しゃがんで何かをすることが辛いので横になるか足をなげだして座ることが多くなります。

 

夜中の寝返りでも痛みで目が覚めることが増え、腰痛や足全体のダルさを自覚してきます。

 

ほとんどの方がこの中期のとき痛みに悩み、病院に行きレントゲンを撮って、変形性股関節症と診断されます。

 

そしてお医者さんから「痛みでどうしようもなくなったら手術ですね」と言われ、シップと痛み止めをもらって帰ってくるというパターンが多いです。

変形性股関節症【末期】

たった5分歩くのも辛くなり、歩く姿は左右にユサユサと揺れて足をかばうように歩きます。

 

また、反対側の足にまで痛みが出て来て、動けないことにより体重が増え、さらに痛くなるという悪循環を起こしていきます。

 

痛み止めも効かず、この段階では手術をする人が多いです  

病院での治療は?

主に痛み止めとシップが多いです。

 

手術は人工関節と言って関節自体を人工のものと入れ替える手術と、骨切り術と言って関節近くの骨を切って関節の向きを変えたり残っている軟骨に荷重部をもってくる手術を行います。

 

そしてリハビリをしていくという流れです。

手術のメリット・デメリット

手術の良いところは「痛み」がとれるということです。

 

必ずとは言いませんが、接触し傷んでいるところがなくなれば痛みがとれるというのは当たり前です。

 

しかし、やはり人工関節ですとどうしても破損や摩耗が起こり、だいたい10年程で交換という形で再度手術になるということがあります。

 

また、股関節を繋ぎとめている靭帯を手術でどうしても切らなければならないため、足の角度が変わってきます。

 

ですので、歩き方が変わり姿勢や違う場所に負担が掛かるようになるのも事実です。

 

「痛み」をとることはとっても大切ですが、手術はその後の人生にも影響することなのでしっかり考えて決断することをお勧めします。

変形性股関節症でやってはいけない2つのこと

1.自転車に乗ること

これは歩くのが辛いからといって、やる人が多いのですが、人間は本来両足から荷重がかかっていく仕組みに設計されています。

 

その証拠に骨盤をみてもらいますと、両足からの荷重は仙骨と呼ばれる三角形の骨がクッションの役割を果たし、力を分散させて背骨に伝えています。

 

しかし、自転車のサドルに当たるのは、尾骨になってしまいます。

 

これは荷重がそのまま背骨に伝わることになり、背骨にとてつもない負荷がかかることになります。

 

競輪選手も足はふっといですが、じっと立っていなさいというと10分も立っていられない人が多いです。

 

これは腰がボロボロになっているからなのですね。

 

股関節を形成する筋肉もほとんどが背骨の腰部分から出てくる神経ですので、やはり不具合をおこしてくるのです。

 

フローリングなど直接床に座ることもオススメしません。

2.足底板を作ること

よく足底板で足の傾きを変えると膝や股関節の痛みが変わるとありますが、これも私はオススメしません。

 

基本的に末端(手足)は背骨という中心のバランスをとるために変形したり、角度を変えたりしていきますので、末端からどうにかしようとするのはナンセンスです。

 

むしろ、また違う関節に不具合が起きて余計に体のバランスが崩れていくことになります。

 

生まれつき脚長差がある人はしょうがないにしても、今までの習慣でなってきた人にはオススメしません。

 

脚長差も見かけだけで、本当は骨盤の傾きが原因の人も多いですよ。

変形性股関節症にオススメする2つのこと

1.水中ウォーキング

地道をウォーキングするのが辛いという人に、最初は負荷が少なくなるプールでの歩行をおススメしています。

 

できるだけ浅いプールで完全に負荷をとらずに30分以上連続で歩くことがよいです。

 

滑液という関節を潤滑させる液が、この連続で30分以上歩くことによって出てきます。

 

股関節も軟骨がありますが、軟骨には血管がありませんので滑液からの栄養補給に頼っています。

 

また、人間は歩くことによって骨盤を整えて、日々のちょっとした歪みを修正しています。

 

車も走らないで放っておいたら壊れますよね。

 

ですので、できるだけ毎日歩くようにしましょう。

 

もちろん、痛みがキツクない人は地道を歩くことをおススメします。

2.よつんばい(ハイハイ)

人間は元々、四足歩行でした。

 

それが立ち上がり、骨盤の角度が変わり、頭部が大きくなり脳が発達してきました。

 

そして変形性股関節症の人とほとんどセットで見られるのが肩の不具合です。

 

元々が四足歩行ですので、肩と股関節が一緒に動いていくのは当たり前ですよね。

 

しかも肩は、日常荷物を持ったりと引っ張られる力がかかることが多くても、逆に押し付けられることは少ないのです。

 

股関節も立位での荷重はあっても、四つん這いの角度からの荷重はほとんどありません。

 

ですので、よつんばい(ハイハイ)を右手右足と同時に出して行っていくと、肩・股関節の両方に滑液が出るようになり、正しい関節運動ができるようになります。

 

毎日、5歩前に進んで、5歩後ろに下がるのを3セットはやってみて下さい。

自分でできる股関節のリハビリ体操・ストレッチ

まずは自分の股関節がどのくらい変形しているのかをチェックしていきましょう!

 

仰向けで寝て、痛くない方の足から写真のように開いていってください。

ご覧の通り、痛い方の足は開きにくくなっています。

 

この角度が60~70°しか開かなければ、変形は中期に入ってきていると思ってください。

 

開くけど、痛い人は初期ですね。

 

 

中期の人は毎日リハビリ体操・ストレッチを行うことにより、開く角度が大きくなっていくことに注目。

 

初期の人は毎日リハビリ体操・ストレッチを行うことにより、痛みが少なくなっていくことに注目してください。

 

 

そして、リハビリ体操は朝布団から起き上がる前に仰向けで足を内に外に20回ずつ動かします。

これは股関節を動かしていくお尻の筋肉や繋ぎとめている靭帯を緩めていくためです。

次にベッドもしくは布団から出て片膝をつけて写真のようにしてください。

そしてゆっくり下の写真のように上半身を前方向に動かします。

 

このときに姿勢はまっすぐ腰を反らさないようにお願いします。

 

後ろに伸ばしている足側の股関節が伸びているのを確認して、そのまま30秒キープしましょう。

 

同じことを繰り返し、反対の足も30秒を2回行います。

 

難しい人は、イスに座って足を引いていくやり方もあります。

変形性股関節症の大腰筋ストレッチ
大腰筋

このストレッチは、背骨と股関節を繋ぐ唯一の筋肉である大腰筋をゆるめていきます。

 

姿勢を保つのに重要な筋肉ですが、ここが硬くなると体が前に倒れてきて、股関節の角度も変わっていきます。

 

そのことにより本来の股関節の動きが出来なくなり、変形が進んでいきます。

 

このリハビリ体操・ストレッチを行うタイミングでオススメなのが朝一番です。

 

そうすることでその日一日の良い姿勢を作ることができ、良い姿勢が習慣化していきます。

 

ぜひ続けて股関節の変形予防してください。