ぎっくり腰になりやすい人っているの?


ぎっくり腰や寝違え、急に痛くなったその原因とは?

よく患者さんから

 

「何もしていないのに急に腰が痛くなってしまったんです・・・」

 

というお話を聞きます。

 

確かに急に寒くなったり、気候の加減で痛みが出ることがあります。

 

ほとんどの場合で痛みの原因はひとつではなく、いくつもあります。

 

また、「毎年この時期になると腰が痛いんですよー」とおっしゃる方も多いですね。

 

あなたのまわりでもこのような話、聞いてませんか?

さて、この何もしていないのに痛みが出るというのは何が原因?

それは日に日に少しづつ疲れ、関節・筋肉の小さなキズが積み重なって、体が耐えきれなくなった限界の時に『痛み』が出るのです。

 

おそらく、その前には体が何らかのサインを出していることが多いんですよ。

 

例えば、

  • 朝なかなか起きられない
  • 疲れやすい
  • イライラする
  • だるい
  • 疲れが取れにくい
  • 冷え、のぼせ

これらは体がきつくなってきているサインです。

ぎっくり腰が多くなる時期っていつ?

みなさんは、どの時期にぎっくり腰が多いかご存知でしょうか?

 

「んーと、冷えが関係してそうだから冬に多い印象があるかなあ...」

 

私が患者さんにこの質問をすると、だいたいこう言った答えが返ってきます。

 

確かに寒い時期にぎっくり腰が増えてくるイメージがなんとなくありますよね。

 

でも実を言うと、ぎっくり腰が増える時期は冬ではないのです。

 

どちらかというと春先や秋口、いわゆる「季節の変わり目」に多くなります。

 

もし、寒い冬だけ気をつけていればいいやと思っている方は、要注意です。

 

その油断がツライぎっくり腰につながってしまいますよ。

ぎっくり腰になりやすい習慣

そもそも体が悪くなる原因を知っていますか?

 

本来いろんなものがあるんですが、ここで簡単に一言で言うとすれば「疲労」です。

 

ぎっくり腰を繰り返ししてしまう人は体に疲れが溜まっている。

 

もしくは疲れが抜けにくくなってしまっています。

 

どうして疲れを溜め込んでしまうようになるんでしょうか。

 

これは日常的についついやってしまっていることが大きく関わっているんです。

湯船ちゃんと浸かってますか?

はっきり言ってこれからぎっくり腰が少しづつ増えてきます。

 

季節的にそういう時期なんです。

 

少し暖かくなってくると、ついつい湯船に浸かるのがめんどくさくなってシャワーで済ませてしまうという方が多いです。

 

その気持ち、とてもわかります。

 

でも、これがいけないんです!

湯船で体を温めることの重要性

湯船にしっかり浸かることは、体を温めるという面ですごく重要です。

 

そしてもっと大事なことは、体の疲れを取りやすくするということです。

 

湯船に浸かって汗をかいたり内臓を温めることで、体の中に溜まった疲労物質や老廃物を外に出しやすくなります。

 

また睡眠の質も良くなり相乗効果が期待できます。

 

だいたい目安は最低でも10分は浸かることをおすすめします。

 

シャワーだけだと老廃物や疲労物質が全然抜けなくて、体に疲れが残ってしまいます。

 

筋肉も硬くなりやすくなり、冷えや腰痛が出てきます。

 

特に季節の変わり目は気温差が大きく、体の冷えが出やすい時期なので尚更です。

 

そして最終的には、何気ない日常生活の動きでぎっくり腰・・・。

 

という状況になってしまいます。

 

忙しかったり、疲れていてめんどくさくてついついシャワーで済ませてしまいがちな方、もしかしたらシャワーで済ませているから体の疲れが抜けないのかもしれませんよ。

 

ぎっくり腰だけでなく、肩こりや膝の痛みやその他の身体の不調にも共通して言えます。

 

なるべくゆっくりと湯船に浸かる時間をとってみてはいかがでしょうか?

ついつい同じ姿勢を取り続けていませんか?

デスクワークや立ち仕事で同じ姿勢を取っている人にこの悩みは多いですね。

 

わかりやすい言い方をすれば「運動不足」です。

 

運動不足は特に仕事や日常生活が大きく影響してきます。

 

最近は程よく運動して身体を動かすことが非常に難しくなってきてます。

 

どうしても仕事や家事が忙しい、子育てで手一杯・・・という方がほとんどですからね。

 

ほんとうに大変だと思います。

 

運動不足で身体の循環が悪くなっていたり、同じ姿勢で同じ動きを繰り返し行っていたり、または同じ姿勢を取り続けて動いていない。

 

これらの事を普段から続けていると、身体がだんだん悪くなってきてあるとき突然のようにぎっくり腰のような思わぬ怪我でツライ思いをすることになってしまいます。

でも、運動しろと言われてもなかなか時間取れないし・・・

わかりました、ではこうしてみましょう。

 

1日中ずーっと座りっぱなしの人は10秒だけでもいいので立ってみたり、あまり動かない人は日常の生活の中で5回だけでも屈伸運動をしてみたり工夫しましょう。

 

それをやるだけで何もしないよりは、はるかに怪我や病気の確率を下げる事ができます。

 

ただし、無理に1回の量をいきなり多くしようとしないでください。

 

運動を習慣づけるのは大変です。

 

まずはたった5回の屈伸程度でもいいので、少しずつ日常に運動を組み込んでいきましょう。

 

それはぎっくり腰になりにくくなる1歩に必ずなりますからね。

食生活が乱れがち

あまり体の不調やぎっくり腰に関係なさそうですが、実はかなり関係があるんです。

 

特にぎっくり腰を繰り返し起こしてしまう方は、胃腸や肝臓などの内臓が疲れていることが多いです。

 

内臓を疲れさせる原因として、次の項目に当てはまる人は要注意ですね。

 

 □ 連日の飲み会でお酒を良く飲んでいる。

 □ 遅い時間、特に寝る前に何か食べている。

 □ 時間がないからとコンビニ弁当やカップ麺を食べている。

 □ 喉が乾くとジュースを良く飲んでいる。

 

内臓が疲れるとそれをかばって体が歪み、それで腰の調子が悪くなる事ってよくあるんです。

 

何を食べるかも重要ですが、寝る前にたくさん食べてしまったりすると内臓に負担がかかってしまいます。

 

食べる時間を気にするのも体調にとって非常に大切です。

睡眠のタイミングが悪い

睡眠時間が長い短いという事も大事ですが、寝る時間帯も重要です。

 

夜の10時から夜中の2時までの時間を、体を休めるゴールデンタイムと言います。

 

というのも、体には生まれつき決まった時間割りがあって、体の中の活動は太陽に合わせて活発になったり休めたりとサイクルしているからです。

 

なるべくこの時間帯はしっかり睡眠を取るようにして頂きたいです。

 

疲れが取れていない状態で、体を動かすのはぎっくり腰を引き起こしてしまう大きな原因になりますので注意してください。

 

 

 

特に何もしてないのに・・・。

 

と思っても、このような事が腰の好調・不調に関わってきます。

 

なかなか難しいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、少し気にするだけでもぎっくり腰のリスクを減らす事ができてツライ思いをしなくて済みます。

 

少しでも参考にして日常の中に取り入れていただけたら幸いに思います。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。