朝起きると腰が痛い。実は◯◯が原因?


ちゃんと対策しているのに朝起きると腰が・・・

「冷え対策はバッチリ!でも朝起きると腰に重い痛みがある・・・」

 

ちゃんと冷え対策はしてるのに、足首冷やさないようにしてるのにどうして?

 

もしかして、別の原因があるとか?

 

はい、そうなんです。

 

実は朝の腰痛は冷えだけが原因ではないんですよ。

 

普段からやっている習慣の一つが大きく関わってきている可能性があるんです。

 

それは一体なんなのでしょうか。

 

気になる方はそのまま読み進めてみてください。

 

帰ってくるのが遅くてどうしても夕食が遅くなる。

 

定時で上がれればいいですが、そう簡単に出来ないのが今の世の中。

 

どうしても夕食の時間が遅くなり、22時を越えてしまう何てこともしばしばだと思います。

 

疲れるとお腹も空きますしね。

 

それでついつい食べ過ぎてしまう方とかもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

あとはいろんな付き合いでどうしても飲み会が多いとか、 夜遅くにポテチ食べてるとか。

 

実は遅い時間に物を食べたりすると、それが腰痛の原因になってしまうことがあります。

 

飲み会の次の日とか、体バッキバキになってる事とかありませんか?

 

これには、ちゃんとした理由があるんですよね。

胃や腸の疲れが腰痛の原因になる

胃腸と腰の関連性はあまり有名ではありませんが、胃腸の疲れが原因で腰痛になる場合もあります。

 

内臓が疲労により弱ってしまうと内臓が硬くなってしまいます。

 

本来内臓を助けて支えているお腹周りの筋肉もつられて硬くなり、それが腰に負担をかけてしまって います。

 

腰部の筋肉の血流が悪くなり腰痛を引き起こしてしまうというわけです。

夜遅くに食事をとると胃や腸に負担をかける

寝る1〜2時間前に食事を摂ると、胃の中に食べた物がちゃんと消化されずに残ります。

 

寝ている間それが残っていると、胃や腸に大きな負担がかかり疲れてしまいます。

 

先ほどもお伝えしました通り内臓が疲れると硬くなってしまうので、 それにつられて腰回りの筋肉も硬くなります。

 

これが、朝の腰痛の原因の一つになることもあります。

 

夜食べなければいいってこと?

 

そういうわけではありません。

 

基本的に20時以降はなるべく食事を摂らないようにするのが理想とされています。

 

夜お腹空いちゃうという方は、そこまでに食べればいいでしょう。

 

でも、現実難しいですよね。

 

どうしてもという方は、なるべく固形物を摂らなければ大丈夫です。

 

そのときはスープなど消化吸収の良い物をとってください。

 

消化に悪い物を食べるよりははるかにマシです。

 

朝起きた時の痛みがなかなかとれないよ、とお悩みの方は1度ご自身の生活スタイルを見直してみるのもいいかもしれませんよ。