あなたは痛いとき動かす?休む?


病院に行ったらリハビリしろと言われたけど・・・

数ヶ月くらい前のことです。

 

患者さんの一人が私にこんな相談をしてくださいました。

 

その相談の内容は次のようなものでした。

 

「先生、腰が痛くて整形外科とか病院に行くじゃないですか。そしたら今までどこの病院でもリハビリを勧められるんです。でも、腰が痛いのにまたそのリハビリが痛くて辛くて・・・。一応頑張ってやるんですけど、なんとなく逆に悪化しているような気がするんですよね。一向に良くなってくる気配もないし・・・。先生、痛いときは我慢してでもリハビリをしたほうがいいんでしょうか?」

 

かなりお辛そうにお話ししてくださったのを今でも鮮明に覚えています。

 

実際この辺どうなんでしょうね?

 

今回は「痛みを我慢してまでリハビリや運動をしたほうがいいのか?」についてお話ししていきます。

痛いときはなるべく・・・

正直言いますが、痛みのある方ならわかると思うんですけどね?

 

腰が痛くて辛いのにリハビリや腰痛体操なんかができるかって話です。

 

痛みがひどい時なんかは日常動作ですら辛いはずなんですから。

 

で、その痛みを我慢して無理やり動かしたらどうなりますか?

 

悪化してしまいますよ!普通は!高確率で悪化です!

 

なので痛みの強いうちは、なるべく安静にしているのがベストです。

 

運動だけでなく、日常生活でも出来る限り安静にしていてください。

 

リハビリや体操はその痛みが少しおさまってからでも遅くはないはずですよ。

たくさんやったからといって早く良くなるわけでは無い

ここからは補足です。補足のほうが大事かもしれません。

 

からだの痛みが良くなってからのお話しです。

 

一度に多くのリハビリをこなしたからといってすぐに良くなるわけでも無いし、効果があるわけでもありません。

 

重要なのは、それを習慣化できるかどうかです。

 

1週間に1回大量にリハビリやストレッチをこなしても、残りの6日間なにもし無いのであれば、はっきり言って意味がありません。

 

定期的に少しの量でも出来る限り続けてやったほうが効果が出るということです。

 

痛みがあるのに無理して大量のことをやってしまうと辛いですし、何よりその身体にいいとされているもの自体が悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

 

最初は自分の出来る範囲でいいので毎日でもやって、しっかり習慣化していくことを心掛けましょう。まずそれだけでもだいぶ違ってくるはずです。

 

ご自宅でのお身体のケアは、正しいタイミングで自分が楽しんで行えるのが1番です。

 

3ヶ月後、半年後自分はどうなっていたいかをイメージしながら実践していくといいですよ!!!