頭痛と食べものは関連があるのを知っていますか?


季節の変わり目というのは気圧の変化や気温の急激な変化などで頭痛が出やすい季節です。

 

特にひどい方はなんかは「常に頭痛薬が手放せない」なんて話もよく聞きますし、でもなるべく薬は飲みたくないと思います。

 

頭痛対策を講じているメディアも多いですね。それらを見てみると、大体がストレッチや体操、ツボなんかを紹介しています。

 

じゃあ同じことを言ってもしょうがないし、今回は【食べもの】と【頭痛】の関連性についてお伝えしていきます。

 

食べものにはいろんな栄養素が含まれているのは皆さんご存知だと思います。その中には、頭痛を和らげるものもあれば、誘発するものもあるんです。その辺をしっかり見極めて、頭痛が起こりにくい体を目指していきましょう。

頭痛でお悩みの方、こんなもの食べてませんか?

  • ポリフェノールを多く含む食品

誰もが名前くらいは聞いたことありますよね?ポリフェノール。

ポリフェノールには血管を拡張させる作用があるので、血管が拡張されて起こる偏頭痛持ちの方には天敵になる食品です。チョコレート赤ワインなどに多く含まれています。

  • チラミンを多く含む食品

チラミン自体は血管を収縮させる作用があるのですが、その効果が切れた反動で血管が拡張します。その反動のせいで頭痛が起こることがよく知られています。

ちなみにチラミン自体はチーズ玉ねぎチョコレートに多く含まれます。チョコレートはポリフェノールとチラミンのダブルパンチですね。

  • グルタミン酸ナトリウムを含む食品

うまみ成分であるグルタミン酸は、調理の際によく使われます。(○○の素とか)

カップ麺スナック菓子などに多く含まれていて、この成分にも血管拡張作用があります。この辺は正直食べない方がいいですね。

 

以上が頭痛を引き起こす原因となる食べものです。

頭痛に良い食べもの

  • マグネシウムを多く含む食品

偏頭痛のネカニズムは、血管が広がってしまった状態で神経を刺激し起こるものです。マグネシウムには、その広がった血管を収縮させる効果があるので偏頭痛を和らげる効果があります。そんなマグネシウムはバナナアーモンドなどのナッツ類豆乳に多く含まれています。

  • オメガ3脂肪酸を多く含む食品

オメガ3脂肪酸は抗炎症作用が強い栄養素として広く知られています。なので血管拡張による炎症で起こる偏頭痛にはとても有効な栄養素です。そんなオメガ3は青魚(イワシサンマ)に多く含まれています。

  • ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB2は血圧を下げる効果があり、偏頭痛を緩和させる栄養素として有名です。二日酔いなんかにも効くので、悪酔いしやすい方にも有効なものです。ビタミンB2を多く含むほうれん草食べましょう!

  • 水分を多く含む食品

偏頭痛は水分不足でも起こるんです。夏でも冬でも知らず知らずに軽い脱水を起こし、頭痛が起こるのは結構あるんですよ。こまめに水分をとる夏野菜スイカを食べるなどして対策をとりましょう。

 

意外と頭痛と食べものの関連性は深いです。

お悩みの方はぜひ気をつけてみてくださいね。