【人工甘味料】の中毒性にご注意を!


甘いものをやめたいけどやめられない

当院に通われている患者様からこんな相談を受けたのでその内容をお話します。

 

質問の内容はこうです。

「先生、ダイエットをしようと糖質制限を考えているんですけど、これがなかなかやめられないんです。だからどうしても食べたいときは糖質オフのものを選んで食べているんです・・・。」

 

この悩み、ダイエットをしたことある方なら誰でもわかるお悩みではないでしょうか?

 

わかります、私もそうでしたから。

 

お肉とか脂っこいものはわりとすんなり止められるのに、なかなか甘いものってやめられないんですよ。一体どうしてでしょうか?

 

これにはちゃんとした理由があるんです。

 

ヒントは糖質オフというところあります。

 

どうしてシュガーフリーなのか。

少しでも糖質を抑えたい、でも甘いものはなかなかやめられない。

 

そんなとき最初に行き着くのが、「シュガーフリー」や「ゼロシュガー」の製品ではないでしょうか?

 

この触れ込みで売っているものには砂糖はほとんど入っていません(少量含まれることもあります。基準があるそうです。)

 

でも、すごく甘く感じますよね。砂糖を使っていないのに。

 

実はシュガーフリー製品というのは砂糖の代わりに【人工甘味料】を使って甘さを出しているんです。

 

しかもカロリーオフ!糖質ゼロ!ものによっては特定健康保健用食品なんていうお墨付きです。

 

でもちょっと待って。この砂糖の代わりに入っている何かが甘いものをやめられなくしてしまっているかもしれませんよ。これ正直言うと砂糖より性質が悪いものなんです。

人工甘味料がなぜ恐ろしいのか?

人工甘味料の恐ろしさはどの辺りから来ると思いますか?それは大きく3つあります。

 

まず1つ目は、

 

自然界にあるものではない!

 

自然界にあるものではないというと、まず頭に思い浮かぶのがマーガリンですね。

 

これと同じく人の手が加わったものになります。体にとってはものすごく負担になるので、とてもじゃないけどお勧めできません。

 

2つ目は、

 

砂糖の約600倍の甘さがあるので舌が鈍る!

 

人工甘味料はとても甘いですよね。その甘さは、なんとものによってですが600倍の甘さを誇ると言われています。

 

あまり人工甘味料の甘さに慣れてしまうと一般的な砂糖の甘さでは物足りなくなってしまいます。結果として糖質摂取が増えてしまい、そして太ったり高血糖につながります。

 

3つ目は

 

シュガーゼロがトクホとして売られている!

 

特定健康保健用食品、略してトクホですが健康なものだけ売っているわけではありません。実際健康そうだという理由だけでトクホ認定されているものもあります。

 

人工甘味料は、今の所実害は出ていませんが決して健康なわけではありません。

 

みなさんちょっと騙されないように注意してください。

 

 人工甘味料はなかなか厄介なんです。

 

健康のためになるべく控えることをお勧めします。