ウォーキング


ほとんどの方が、小さい時に誰かに教わることもなく、いつの間にか二足歩行を覚え歩いていますね。

 

 

私たち人間の先祖はもともと四足歩行で生活をしていました。長い年月をかけ二足歩行になって、それからは腕・手で物がつかめるようになり、遠くの物を取れるというメリットができました。

 

 

逆に重力にも逆らい・頭の高さが変わり脳貧血・胃下垂・ぎっくり腰などの症状も出やすくなり、人にとって問題点となっています。骨盤も上半身を支えるのにとても重要になりました。

姿勢が崩れ、猫背になると頭から足までのバランスが悪くなり、背骨や骨盤に負担がかかることで、股関節も動かしにくくなります。

 

 

それらは椎間板ヘルニア、変形性股関節症、骨粗鬆症からの圧迫骨折などの原因になります。

 

 

当院の患者様でも猫背や身体の歪みがあり、歩行のときに痛みから片足に体重を乗せてしまっている方が多くいらっしゃいます。

 

 

ある患者様は椎間板ヘルニアで立っているとき・歩いているときに、左腰から太ももにかけてシビレや突っ張り症状があり、歩行のときに左側をかばう様に右足に体重をかけて右肩が下がっている状態で来院されました。

 

 

当院独自のインナーマッスルリリースを取り入れ身体の歪みをとり、歩行時の注意点などお伝えしました。数回施術を行い、シビレや突っ張り感は軽減してきています。

 

 

生活指導のなかでお伝えしていたストレッチをご自身でコツコツされているとの事で、お身体の状態も良くなって、その方も笑顔が増え、大変喜んでいただいております。