【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「定着させる」|腰痛ヘルニア専門整体院

こんにちは!山本拓城です。 

和歌山市の整体【相-ai-整体院】

のブログへの訪問ありがとうございます。

 

和歌山市から整体を通じて健康情報を発信しています。

 

腰痛や肩こりから頭痛や自律神経など、体のお悩みに関する情報を動画入りで分かりやすく解説しております。

 

すぐに役立つ体操や整体おすすめセルフケアなども紹介しておりますので、和歌山市の相-ai-整体院からの健康情報を最後までごらんください!

こんなお悩みございませんか?

 

  • 朝起きたときに背中が痛い
  • 長時間同じ姿勢を続けるのがキツイ
  • 夕方になってくると腰痛、肩こりでツライ

 

その不快な症状は姿勢から改善しなければならないのでは?

 

 

◆姿勢改善5つのポイント◆

 

  1.知る

  2.ほぐす

  3.なじませる

  4.強化する

  5.定着させる

 

 

おさらい

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「知る」 

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「ほぐす」  

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「なじませる」  

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「強化する」

 

 

さて今回は次のポイント

【5.定着させる】

姿勢の教育?

ほとんどの人は自分の姿勢は生まれてから自然と身について、とくに意識することなく過ごされたと思います。

 

 

なので自分が悪い姿勢になっていることに気づけないのは当たり前ですし、自分では良い姿勢をしているつもりが逆に悪くしてしまっていることもよくあります。

 

 

定着させるというのは良い姿勢を体に教育することです。

 

 

いきなりはなかなか出来ません。小学1年生が九九を知らないから九九が出来ないのと同じです。

 

 

これまでのステップで少しずつ体の状態が良くなっていても、姿勢の教育が悪いと全く何にもなりません。

姿勢を定着させる秘密?

でも難しいことはありません。

九九を覚えたときのように繰り返し体に覚え込ませるうちに自然と出来るようになるものです。

 

 

もちろん個人差はありますが焦らずコツコツ続けてみてください。

 

 

ポイントは2つ

  • 悪い姿勢で過ごす時間を減らす
  • 良い姿勢で過ごす時間を増やす

良い姿勢の教育を邪魔するクセ?

次の項目に当てはまる人は、悪い姿勢になりやすいので意識して気をつけてください。

 

  1. ネコ背だったり、背骨が反っている
  2. 重い物を持つことが多い
  3. 中腰の姿勢が多い
  4. 座る姿勢が多い
  5. 運動不足
  6. 肥満、妊娠中
  7. かかとの高い靴を履いている
  8. 足を組んで座る

良い姿勢の教育するには?

良い姿勢のポイントはポイント「1.知る」のときと同じで、

 

  • 正面から体を見たときの左右のバランス
  • 壁を背にして立ったときの前後のバランス

を整えていきましょう。

 

 

とくに体の前後のバランスを整え、定着させていくと良い状態に導きやすいです。

 

 

壁を背にして立ったときに『頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかと』が無理なく壁についた状態で、腰に手のひら一枚分のスペースが空いている状態が理想的な姿勢です。

 

 

そしてそのまま壁を背にして立った姿勢で2、3分キープ続けると良い姿勢の再教育になります。

 

 

日常の中で立った姿勢や仰向けで寝た状態で良い姿勢を意識してその時間を増やし、悪い姿勢はしないように気をつけてみましょう。

美姿勢は1日にしてならず!

何事でもそうですが、いきなり全部続ける必要はありません。少しずつでも無理せず続けることが大事です。1日に10分でも3分でも自分の体と向き合ってみてください。