【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「強化する」|腰痛ヘルニア専門整体院

こんにちは!山本拓城です。 

和歌山市の整体【相-ai-整体院】

のブログへの訪問ありがとうございます。

 

和歌山市から整体を通じて健康情報を発信しています。

 

腰痛や肩こりから頭痛や自律神経など、体のお悩みに関する情報を動画入りで分かりやすく解説しております。

 

すぐに役立つ体操や整体おすすめセルフケアなども紹介しておりますので、和歌山市の相-ai-整体院からの健康情報を最後までごらんください!

こんなお悩みございませんか?

 

  • 朝起きたときに背中が痛い
  • 長時間同じ姿勢を続けるのがキツイ
  • 夕方になってくると腰痛、肩こりでツライ

 

その不快な症状は姿勢から改善しなければならないのでは?

 

 

◆姿勢改善5つのポイント◆

 

  1.知る

  2.ほぐす

  3.なじませる

  4.強化する

  5.定着させる

 

 

おさらい

→【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント

→【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「知る」 

→【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「ほぐす」  

→【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「なじませる」 

 

 

さて、今回は次のポイント

【4.強化する】

姿勢を良くするには筋肉をつければ良いんでしょ?

腰が痛いのは筋肉が弱っているから

背中が曲がっているのは筋肉がないから

 

 

こんな話を聞いたことあると思います。

でも本当にそうなのでしょうか?

 

 

筋力のない痩せた人でも痛みなどない人はいますし、筋力のないお年寄りでも背中の曲がっていない人もいます。

 

 

逆に筋肉のしっかりした若者でも肩こりや腰痛はありますし、若いうちから姿勢も悪い人は悪いです。

 

 

ではなぜ強化する必要があるのでしょうか?

良い姿勢を作る相互関係

そもそも人間は普段とくに意識しなくても転ばずに立っていたり、座り続けることが当たり前のように出来ています。

 

 

あまりにも当たり前すぎてこんなこと考えたこともないと思いますが、この姿勢の維持には骨と筋力のバランスが大きく関わってきます。

 

 

人間を支えているものは筋肉と骨です。筋肉だけではダメですし、もちろん骨だけでもダメなんです。

 

 

上手にこの相互関係が成り立っていて歩いたり走ったり手を動かしたり、逆にじっと止まっていたりすることができます。

 

 

この良い相互関係にある体はバランスのとれた体と言い換えることができ、バランスの良い体とは骨の変形などなく状態が良くて、筋力に偏りのない均一な状態です。

 

 

こんな体験はないでしょうか?

荷物を持つときにその荷物を体から離せば重くなるし、体に近づければ軽くなります。

 

 

これは荷物が体の重心から近くなったから最小限の力で持てるようになったんですね。

 

 

これと同じ原理で例えば、頭が体の重心から離れた位置にあると頭は5、6kgあるのでとても大きな力が必要です。

 

 

しかし重心のとれたバランスの良い位置にあると、ほんの少しの力で支えることができます。

 

 

このバランスに必要な筋力があればうまく姿勢を維持することができるので、単に筋力アップのための強化ではなくバランスアップのための強化をするべきなんです。

姿勢を強化する筋肉は?

ところで、肝心の強化する場所なのですが、【ポイント1.知る】でご自身の硬くなった筋肉が分かり【ポイント2.ほぐす】【ポイント.3なじませる】としてきました。

 

 

強化すべき筋肉はその硬くなった筋肉の反対側で、弱ってたるんでいる筋肉になります。

 

 

前回まで

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「知る」 

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「ほぐす」  

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「なじませる」

 

 

そこをしっかりと強化しないと、せっかくほぐれて体に馴染んだ筋肉でもバランスが悪いままだと偏った使い方になり、また筋肉は硬くなりやすい状態のままです。

【美姿勢トレーニング】矯正おすすめエクササイズ

ここからは実際にトレーニング方法です。

以下の動画を参考に行なってみてください。

【美姿勢トレーニング】矯正おすすめエクササイズ①

【前弯後弯姿勢】

壁にかかとをつけて立ったときに、頭が前に出る、腰の隙間がやや広い方はこの姿勢に当てはまります。

首の後ろへの反り返りがなくなりストレートネックになっています。

【美姿勢トレーニング】矯正おすすめエクササイズ②

 【軍隊姿勢】

壁にかかとをつけて立ったときに、腰の隙間が手のひらの厚みが2枚以上入る広い方はこの姿勢に当てはまります。

見た目は胸を張り背筋もピンとしていますが、無理をしているのでバランスが悪くなります。

【美姿勢トレーニング】矯正おすすめエクササイズ③

【フラットバック姿勢】

壁にかかとをつけて立ったときに、腰の隙間が少ない方はこの姿勢に当てはまります。

背骨の湾曲がなくなり真っ直ぐになっています。

【美姿勢トレーニング】矯正おすすめエクササイズ④

【スウェイバック姿勢】

壁にかかとをつけて立った姿勢の時に、お尻が壁につかない方はこの姿勢に当てはまります。

後ろにもたれかかったような姿勢になっています。

すぐにできることではありませんが、少しずつ取り入れて体を変え続けることが何より大事です。

 

 

今回はここまで。

次回もお楽しみに!