【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「ほぐす」|腰痛ヘルニア専門整体院

こんにちは!山本拓城です。 

和歌山市の整体【相-ai-整体院】

のブログへの訪問ありがとうございます。

 

和歌山市から整体を通じて健康情報を発信しています。

 

腰痛や肩こりから頭痛や自律神経など、体のお悩みに関する情報を動画入りで分かりやすく解説しております。

 

すぐに役立つ体操や整体おすすめセルフケアなども紹介しておりますので、和歌山市の相-ai-整体院からの健康情報を最後までごらんください!

こんなお悩みございませんか?

 

  • 朝起きたときに背中が痛い
  • 長時間同じ姿勢を続けるのがキツイ
  • 夕方になってくると腰痛、肩こりでツライ

 

その不快な症状は姿勢から改善しなければならないのでは?

 

 

◆姿勢改善5つのポイント◆

 

  1.知る

  2.ほぐす

  3.なじませる

  4.強化する

  5.定着させる

 

 

前回まで

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「知る」

 

 

知ることができたら次のポイント

【2.ほぐす】

悪くなった姿勢、どうやってほぐすの?

ほぐすというのは、主に硬くなった筋肉を伸び縮みしやすいようにしてあげることです。マッサージや指圧、ストレッチ、筋膜リリースなどはこの過程に入ります。

 

 

コリを取るとか筋肉を緩めるとも言われますが、むやみやたらとすれば良いわけでなく効率よく硬いところをほぐしてください。

 

 

そのためにも【1.知る】の過程が重要になります。

  • 正面から体を見たときの左右のバランス
  • 壁を背にして立ったときの前後のバランス

を見てみましょう。

左右のバランスが悪い姿勢

左右のバランスが悪い場合は体が傾いている側の筋肉が硬くなっていることが多いです。

 

 

例えば、

 

肩が左右で高さが違うときには下がってる方の肩甲骨の外側〜ワキの筋肉が、

 

骨盤が左右で高さが違う場合は下がっている方の骨盤の外側の筋肉が、

 

それぞれ原因となっています。

前後のバランスが悪い姿勢

前後のバランスが悪い場合は、骨盤を軸に背骨や脚が動き正常ではない位置で硬くり正常な位置に戻りにくくなっています。

 

 

例えば、壁を背にして立ったときに『頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかと』が壁についた状態で、腰と壁との隙間が手のひら2枚分以上空いている場合は骨盤が前に倒れて、腰の前側や太もも前側の筋肉が硬くなっています。

 

 

逆に、『頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかと』が壁についた状態で、腰と壁との隙間が手のひら1枚分も空かない、もしくはお尻が浮いてくる場合は骨盤が後ろに倒れてお尻や太もも後ろ側の筋肉が硬くなっています。

姿勢の確認も忘れずに!

実際にほぐす前に、体の動きを確認してからほぐした後にまた同じ動きを確認すればほぐした効果がわかりやすいです。

 

 

確認は自分の感覚だけを頼りにするのではなく、第三者に付き添って見てもらったりスマホを固定して動画を取るなどするとより正確な情報が得られます。

 

 

原因と対策がしっかり合えばここまででも十分効果はあります。

 

 

でも、何年も悪い姿勢を続けていた方はそのときの効果はあってもすぐに体は戻ります。体が悪い姿勢を覚えてしまっているんですね。

 

 

そのためにこの後のポイントがあります。最初からいきなり上手くいきませんが徐々に体を良い姿勢に導けます。

実際に姿勢をストレッチでほぐす!

さて、ここからは実際にほぐす方法をお伝えします。

以下の動画を参考にストレッチを行なってください。

 

 

自分に合ったほぐす場所は前回までのブログを確認ください。

 

 

前回まで

→【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント

→【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「知る」

いかがでしたか?

 

 

すぐに実感が得られることが多いのですが、続けないと無駄になってしまうのでマメに続けてください。

 

 

今回はここまで。

次回もお楽しみに!