【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント「知る」|腰痛ヘルニア専門整体院

こんにちは!山本拓城です。 

和歌山市の整体【相-ai-整体院】

のブログへの訪問ありがとうございます。

 

和歌山市から整体を通じて健康情報を発信しています。

 

腰痛や肩こりから頭痛や自律神経など、体のお悩みに関する情報を動画入りで分かりやすく解説しております。

 

すぐに役立つ体操や整体おすすめセルフケアなども紹介しておりますので、和歌山市の相-ai-整体院からの健康情報を最後までごらんください!

こんなお悩みありませんか?

 

  • 朝起きたときに背中が痛い
  • 長時間同じ姿勢を続けるのがキツイ
  • 夕方になってくると腰痛、肩こりでツライ

その不快な症状は姿勢から改善しなければならないのでは?

◆姿勢改善5つのポイント◆

 

  1. 知る
  2. ほぐす
  3. なじませる
  4. 強化する
  5. 定着させる

 

前回

【美姿勢】みんなが知らない、猫背を治す5つのポイント!

自分の姿勢を知っていますか?

まずは自分を知ることから始まります。

なぜ知らないといけないのか?

 

 

それは原因がわからないと対策ができないからです。

 

 

テレビや雑誌などで紹介される〇〇療法・〇〇矯正などはたくさんあります。

 

 

でも、それらは方法だけを紹介していてどんな人に合っているのかなどは省略してしまっている場合がほとんどです。

 

 

どんな優れた方法でもその人に合った方法、つまり原因と対策が噛み合わないと頑張って続けたところで何も変わりません。

 

 

これはよくある間違いです。

 

 

間違わないためにも体の状態を確認してから対策をしていきましょう。

 

姿勢改善ポイント①知る

 

姿勢を「知る」ポイントは2つ

  • 正面から体を見たときの左右のバランス
  • 壁を背にして立ったときの前後のバランス

 

 

鏡の前に立ったときに、耳の高さ、肩の高さ、腰骨の高さ、膝の高さなどが左右で違っていませんか?

 

 

壁を背にして立ったときに頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとが無理なく壁についた状態で腰に手のひら一枚分のスペースが空いていますか?もしくは空きすぎていませんか?

 

 

ご自身の体をじっくり観察してみてください。いま症状のある方はもちろん、自分は大丈夫と思っている方も症状が出ていないうちに一度ご確認ください。

姿勢を4つに分類する

姿勢を知る上で左右のバランスと前後のバランスがありますが、まずは前後のバランスを整えていくと左右のバランスも整っていきやすいので重点的にみていくと良いです。 

理想的とされる姿勢は体を真横から見たときに、

 

外耳孔 : 耳の穴

肩峰  : 肩先

大転子 : 気をつけをしたときに手のひら

      が当たる大腿骨のでっぱり

膝関節 : 膝のお皿の後ろ

外果前方: 外くるぶしの少し前

 

を、地面からの垂線が一直線に通る姿勢です。

【前弯後弯姿勢】

壁にかかとをつけて立ったときに、頭が前に出る、腰の隙間がやや広い方はこの姿勢に当てはまります。

首の後ろへの反り返りがなくなりストレートネックになっています。

 

硬くなっている筋肉:

後頭下筋群・僧帽筋上部・肩甲挙筋

・大腰筋・大腿筋膜張筋・大腿直筋

 

伸びて弱くなっている筋肉:

頚部深部屈筋群・胸椎伸展筋群

外腹斜筋・股関節伸筋群

 【軍隊姿勢】

壁にかかとをつけて立ったときに、腰の隙間が手のひらの厚みが2枚以上入る広い方はこの姿勢に当てはまります。

見た目は胸を張り背筋もピンとしていますが、無理をしているのでバランスが悪くなります。

 

硬くなっている筋肉:

菱形筋・腰部脊柱起立筋

腸腰筋・大腿直筋

 

伸びて弱くなっている筋肉:

腹直筋・外腹斜筋

大臀筋・ハムストリングス

【フラットバック姿勢】

壁にかかとをつけて立ったときに、腰の隙間が少ない方はこの姿勢に当てはまります。

背骨の湾曲がなくなり真っ直ぐになっています。

 

硬くなっている筋肉:

胸筋・広背筋・腹直筋・ハムストリングス

 

びて弱くなっている筋肉:

脊柱起立筋群・大腰筋

【スウェイバック姿勢】

壁にかかとをつけて立った姿勢の時に、お尻が壁につかない方はこの姿勢に当てはまります。

後ろにもたれかかったような姿勢になっています。

 

硬くなっている筋肉:

胸筋・大臀筋・ハムストリングス

 

伸びて弱くなっている筋肉:

頚部深部屈筋・菱形筋

脊柱起立筋・腸腰筋・大腿直筋