ヘルニアや坐骨神経痛はなんで起こるの?

あなたはこんな症状でお困りではありませんか?

  • 冷えたり寒くなると坐骨神経痛で痛くなる
  • レントゲンを撮ってヘルニアですと言われた
  • 足がビリビリしびれている
  •  歩くときに力が入りにくい

『椎間板ヘルニア』のヘルニアと言うのは

「流れる」とか「とび出る」という意味があります。

 

状態としては、背骨の間の

クッションの役割をする椎間板

という組織の中身が出てしまっている状態です。

 

あんパンをイメージしていただけるとわかりやすいです。

 

上下からの繰り返しの圧迫を受けて、

中身のあんこがビュッと出てしまった

と言った感じです。

 

でも、実は中身がはみ出ただけでは

痛くはならないのです・・・

 

はみ出した組織が近くを通る

神経を圧迫して、そこで神経を

痛めて炎症を起こして

初めて足のしびれや痛みが現れます。

 

ヘルニアの痛みは、

左右どちらかに片寄ることがほとんどです。

 

電気が走るような痛みや、

足のしびれがある場合は

神経のどこかに何かが起こっていると

考えてよいでしょう。

 

そして、強い痛み、しびれは

筋肉を緊張させてしまいます。

 

筋肉の緊張が強いと

椎間板にストレスをかけてしまい、

より椎間板を圧迫します。

 

全体的に痛かったり、

だるい場合はヘルニアや坐骨神経痛が

原因ではなく、筋肉の極度の緊張が

原因であると考えられます。

 

だから、シップや痛み止めでは

よくならないのです。

 

この場合では筋肉の内部の

血行をよくしたり、

左右の背骨のバランスをとることで

症状は改善します。

 

相-ai-整体院では、骨格のバランスをとる『骨盤調整』、筋肉の奥の奥の緊張をとる『筋膜リリース』を行っています。