長引く腰痛は副腎から?

こんにちは!やまもとひろきです。 

和歌山市の腰痛整体【相-ai-整体院】

のブログへの訪問ありがとうございます。

 


腰痛と〇〇についてお伝えしていきます。


今日は腰痛と副腎についてです。

 

副腎は内分泌であるホルモンを出す器官で、体の環境が常に一定に保たれるように働きます。

 

ではなぜ、腰痛と副腎なのか。解剖学的に副腎は腎臓と共に腰と連結しているのと、構造的に副腎の下垂や硬さがあると腰の動きに影響するからです。

 

副腎はストレスもコントロールしてくれているのですが、やはり疲れてきたりすると機能が低下します。その結果うまく調節できなくなり不調が出てきます。

 

その不調が症状となり、副腎の場合は血圧の異常が出たり、むくみもそうですね。そして、その症状のうちに腰痛もあるんです。 

 

続きは動画で…

和歌山市で腰痛でお悩みではないですか?

 医者に処方された痛み止めの薬を飲んで腰痛をごまかしているいる。

繰り返しぎっくり腰をしてコルセットが欠かせない。

この腰痛と一生付き合っていくしかないと諦めている。

腰痛に効果の感じない湿布を何年も貼り続けている。

腰痛は持病だと自分で決めつけている。

仕事が優先なので腰痛は我慢するしかない。

腰痛にあまり効果がないのに整形外科や治療院に通っている。

↓腰痛を改善して痛みから解放されたい↓

相-ai-整体院での腰痛施術は

いつも最後までご覧いただきありがとうございます。

どうぞ下のボタンからシェアしてください!

関連記事

おすすめの記事