院長プロフィール


山本 拓城

(やまもと ひろき)

1983年9月10日生まれ

和歌山市出身

 

趣味:運動(ランニングなど)

 

好きなもの:コーヒー、たまねぎ 

こんにちは!相-ai-整体院 院長の山本拓城です。

 

 私はまだ残暑厳しい1983年9月10日、和歌山市でうぶ声をあげました。兄弟は姉と妹がいます。

 

 幼い頃から元気よく外で遊び体を動かすのが大好きだった私は、高校生のときに体操競技部に入り限界まで体を酷使する生活を送っていました。

 

 当時の私は体のケアという考えがなく体に負担をかけ続けケガをたくさんしてきました。特に腰痛には成人してからも悩まされ続け、思うように動けなくなり体操の試合に出られなかったことや、社会人になってからも腰に力が入らず立っていられなくなり周りに迷惑をかけたことなど、何年もツラく悔しい思いをしました。

 そんなときに助けていただいたのが当時通っていた整骨院の院長先生でした。もう大丈夫やから安心して!と暗く落ち込んでいる私を励まし、1日でも早く回復出来るように親身にいつでも全力で治療やリハビリをしてくれました。

 

 「自分のためにここまでしてくれる・・・。」心の底から感動しました。

 

 その頃から私は自分が受けた感動を今度は私が誰かのために返したい!健康を通じて人に安心を与えられる仕事がしたい!と思うようになりました。

 それから治療家を志し、柔道整復師の学校では慣れない専門用語に苦しみながらもしっかり勉強して良い点数を取っていれば患者様に良い治療が出来るようになると、その思いが人一倍強かった私は学校を首席で卒業することができました。念願の国家試験も難なく合格し、これで私も一人前の治療家だと嬉しい気持ちでいっぱいでした。

 

 しかし、いざ現場に出てみるとその思いとは裏腹に患者さんの期待に応えられない自分がいました。

 

 このままではいけないと思い立ち、150冊以上の専門書を読み、毎週のようにセミナー、勉強会、研修会など参加し、教科書には載っていない知識や経験を得ることができました。当時勤めていた整骨院は多いときで1日に100人以上の患者様が来院し、毎日目が回るような忙しさでしたが様々な怪我や難しい症状を経験したことは、間違いなく今の私にとって大きな糧となっています。

 

 

 一方で、自身の腰痛もなんとか克服してやろうとフルマラソン完走を目指し、東京マラソン2011や大阪マラソン2013を完走することが出来ました。

 

 

 

 

 登山にも挑戦しました。日本一の富士山頂からの雲海は見事でした。腰痛になっていなかったらこんなこと考えていなかったかもしれない、と腰痛に感謝さえするようになれました。

 私は9年間の勤務期間に4万件を超える治療をおこなってきましたが、まだまだ困っている方々がたくさんいらっしゃって、悲しいことにその多くの方が満足な治療を受けられずにいます。そんな多くの方をなんとか救いたいという思いで2016年7月、保険治療の枠に縛られない自費治療院を開院いたしました。

 

 おかげさまで小さい治療院ながらもメディアに紹介されるまでになり、いつも皆様の笑顔で「ありがとう」とおっしゃっていただくことが私の原動力となっています。

 

 皆様が10年後20年後も笑顔で元気に過ごせる身体づくりを全力でサポートしていきます。これからもずっと宜しくお願いします。