院長プロフィール


山本 拓城

(やまもと ひろき)

1983年9月10日生まれ

和歌山市出身

 

趣味:運動(ランニングなど)

 

好きなもの:コーヒー、たまねぎ 

   私は和歌山市の池田産婦人科で産まれました。姉と妹の3人兄弟です。幼い頃から体を動かすのが大好きだった私はよく友達と外で遊んでいました。探検するのも好きであちこち勝手に遠くまで行ったりして親によく怒られました。

 

 

 

 そんな私は高校の時に体操競技部に入り、限界まで体を動かす日々を送っていました。当時の私は体のケアという概念がなく、体操では体のあちこちを動かすので疲れは溜まる一方。特に腰をよく使うので日に日に痛くなり、曲げたりひねったりすることが苦痛になっていました。しかし、周りの友人や先輩も同じような故障があったりしていたので、スポーツにはつきものだからしょうがないんだと思いこんでいました。

 

 

 そんなとき近くの整骨院に行くきっかけが出来、そこで知り合った先生から私の人生を変える一言をいただきました。

 

『もう大丈夫だから安心して』

 

 たったそれだけのことなんですが、とても救われたような、気分が楽になったようなそんな気がしました。大変親身になって話を聞いてくださり、適切な施術をしていただきました。人に安心を与えられるいい先生だなと強く憧れを抱きました。

 

 

 また、的確なアドバイスもいただき全く今までの自分の中の常識が変わり、健康は自分で築いていかないといけないんだということもわかりました。その頃から自然と健康を通じて人に安心を与えられる仕事がしたいと思うようになっていました。

  それから、いわゆる整骨院の先生である【柔道整復師】の免許を目指し学校に入学しました。勉強の出来ない私は、慣れない専門用語に苦しみながら教科書を何度も何度も読み返してとにかく学校で教えていただいた内容を覚えました。それは教科書通りしっかり勉強していい点数取って頑張っていれば患者さんに良い施術が出来るようになると思っていたからです。その思いが人一倍強かった私は学校を首席で卒業することができ、また国家試験も難なく合格し、これで人の役に立つことが出来ると嬉しい気持ちでいっぱいでした。

 

 

 しかし、いざ現場に出てみると想いとは裏腹に患者さんの期待に応えられない自分がいました。本当に患者さんには申し訳ない気持ちでいっぱいで、目の前の患者さんに関わり、

 

「自分はなにができるのか?」

 

「その人にとって何かプラスになっているのか?」

 

いつもそんなことばかり考えていました。

 

 

 このままではいけないと考え、藁にもすがる思いで情報を探し、150冊以上の専門書を読み、毎週のようにセミナー、勉強会、研修会など参加し、教科書には載っていない知識を学びました。今まで学んできたことが覆されるようなことがたくさんあり、本当に目からウロコで自分はまだまだだったんだなと思いました。

 また、仕事や勉強する一方で運動もするようになりました。それは患者さんに良い施術を提供し続けるための身体作りはもちろん、自分や周りの人がいつまでも笑顔でいられるように必要なことだと考えているからです。実際、自身の身体のために限りある時間を投資することでいままで良いものを得られました。

 

 

 

 腰痛を患ってから身体を動かすことが苦痛でしたが、なんとか克服してやろうとフルマラソン完走を目指しました。治療と知識と行動の積み重ねで東京マラソンや大阪マラソンを完走することが出来ました。腰痛を克服することが出来てとても自信がつきました。

 

 

 登山にも挑戦しました。日本一の富士山頂からの雲海は見事でした。腰痛になっていなかったらこんなこと考えていなかったかもしれない、と腰痛に感謝さえするようになれました。

 10年間の治療家人生を通じてわかったことがありました。私は今まで、述べ4万件を超える施術を行ってきました。応急処置、キネシオテープ、電気治療、マッサージ、筋力トレーニング、ストレッチ、トリガーポイント、筋膜リリース、AKA、オステオパシーなど患者さんの症状に合わせ行ってきました。

 

 

 そのなかで、患者さんが症状を訴える患部に施術しても一向に良くならないことが多々ありました。何度も確認しましたが結果は同じで、なんでなんだろうと最初はとても不思議に思いました。

 

 

 実は患者さんから話を深く聞きすすめていくうちに、本人の気づいていないところで原因があることにたどり着くことがありました。

 

 

そしてそこで行きついたのが、

 痛みの原因は患部にはない

 ということでした。医師、治療家を含めほとんどの方が知らない事実です。

 

 

この事実を多くの方々に知って欲しい!

どこに行っても治らない痛みで困っている方を救いたい!

 そんな想いで私は整体院として開院しました。保険治療には法律によってできることが限られています。保険治療の枠に縛られない自費整体院【相-ai-整体院】を通じて

人にいい影響を与えられる治療家になりたいと考えています。