腰痛は骨盤の歪みとは関係ない?腰痛との関係と調整方法


なぜ腰痛は骨盤を見るのか?


【腰痛と骨盤の歪みの関係】

腰痛と骨盤の歪みの関係
腰痛と骨盤の歪みの関係

 

背骨はバランスを保つために一つ一つの骨に可動性があり緻密に計算され動いています。

 

 

背骨の腰の部分は腰椎と呼ばれ、骨盤と連結しています。

 

 

このことから、特に腰椎は骨盤が体のバランスをとるために動く際、影響が最も大きくなることがわかります。

 

 

例えば、骨盤が前に傾いたとしましょう。そのままでは体が前に倒れてしまいますので、体は起き上がろうと腰椎をそらせ重心を保とうとします。

 

 

その結果、腰椎をそらせた腰に負担がかかり、腰痛になるというわけです。

 

 


【骨盤が歪んでも腰痛にならない】

矛盾することを言うようですが、骨盤が歪んでも腰痛などの症状が出ない方もいます。

 

 

これは、

 

歪み=症状

 

ではなく、

 

歪み=体への負担

 

と考えます。

 

 

つまり、体の様々な症状様々な負担の積み重ねで起こるということです。

 

 

例えば、骨盤が歪んでいるという負担を抱えている人と、そうでない人が、長時間同じ姿勢で座るという負担を強いられたとしましょう。

 

 

それぞれの人が、骨盤の歪み以外の体の健康状態が全く同じだとしたら、腰痛が起こりやすいのは骨盤が歪んでいる人なんです。

 

 

腰痛に限らず様々な不調は、体に影響する負担の引き算で考えることができるんですね。

 

 

そして骨盤の歪みというのは、腰痛を始め様々な症状を引き起こしやすい原因になるので、骨盤の歪みは様々な症状の予備軍ということなんです!

 

 


腰痛改善に骨盤を調整しよう!


【腰痛になる骨盤の歪みの原因】

歪みの原因となるのは、普段から足を組んで座っていたり、片方の肩にカバンをかけ続けたりするといった悪い姿勢が徐々に骨盤に負担をかけます。

 

 

少しの負担であればすぐ元に戻るのですが、負担が大きかったり、年齢を重ねるごとに骨盤が硬くなったり、運動不足だったりの要因で戻りにくくなります。

 

 

戻りにくくなった骨盤は、もうお手上げなのか?

 

 

いえ、実はそうではないんですね。骨自体の変形などはすぐに変えられませんが、筋肉筋膜であったり靭帯など改善できるところもあります。

 

 

また、日常生活で骨盤に負担を与える要因を少しでも取り除くことが、腰痛などの症状改善への近道とも言えます

 

 

ブログ:骨盤が歪む原因とあなたの腰痛

※下の動画も合わせてご覧下さい。


【腰痛で骨盤をみるときのポイント】

腰痛の骨盤をみるときのポイント
腰痛の骨盤をみるときのポイント

骨盤は前後への傾きと左右への傾きが合わさり歪みとなります。普段は気にならない方でも意外と傾いていることが多いです。

 

 

骨盤をみるポイントとしては様々な方法がありますので紹介します。

 

 

まず、全身が映る鏡を見たときに、腰骨に手を当てると左右の高さが違うことがあります。というのは、腰骨が下がっている右もしくは左に骨盤が傾いているからなんです。

 

 

また、壁にかかとをつけて立った際に、壁と腰の間の隙間が通常では手のひら一枚分くらい空くのが目安となります。

 

 

それより空いている方は骨盤が前に、狭い方は骨盤が後ろに傾いていることになります。

 

 

その他にも、真っ直ぐうつ伏せ、もしくは真っ直ぐ仰向けで寝たときに、地面から腰骨の前のでっぱりまでの距離が違うこともあります。

 

 

これは骨盤が前後に傾いている左右差をみる指標となります。

 

 

ブログ:腰痛になる骨盤の歪み方

※下の動画も合わせてご覧下さい。


【腰痛を改善したい方の骨盤調整方法】

ここでは骨盤を歪みから戻りにくくしている筋肉についてご説明します。

 

 

骨盤を前後左右に歪めたままにしてしまっている筋肉は幾つかあります。

 

 

前傾→腸腰筋・大腿直筋

後傾→大臀筋・ハムストリングス

左右→中臀筋・腰方形筋

 

 

これらの筋肉は腰痛とも関わりの深い筋肉です。そして、体の中でも大きな筋肉になるので、それだけ影響が大きいということ言えます。

 

 

筋肉の場所などは、以下のブログをご参照いただけると幸いです。

 

 

ブログ:腰痛の骨盤と関係する6つの筋肉

※下の動画も合わせてご覧下さい。


腰痛といえば整体で骨盤調整?

骨盤調整といえば整体などで調整してもらうというイメージがあります。やはり体のプロなので、詳しく説明してもらえて早く改善することができます。

 

 

また自分でじっくりしていきたい方は、ストレッチなどの自己整体で調整していく方法もたくさんありますのでチャレンジしてみましょう。

 

 


【腰痛を改善したい方の骨盤自己整体方法】

まずはじっくりストレッチなどの自己整体の方法から。

 

 

歪んだまま戻りにくくなっている骨盤の原因となる筋肉を、それぞれストレッチするのが主流です。

 

 

それでは、実際に調整する方法をやっていきましょう!

 

 

以下のブログで内容を分かりやすく説明しているので、ご参照ください。

 

ブログ:腰痛の骨盤と前傾に関わる2つの筋肉

※下の動画も合わせてご覧下さい。

ブログ:腰痛の骨盤と後傾に関わる2つの筋肉

※下の動画も合わせてご覧下さい。

ブログ:腰痛の左右に傾いた骨盤にはこの筋肉をリリース!

※下の動画も合わせてご覧下さい。


【腰痛の骨盤は整体のプロに診てもらおう】

イマイチやり方がわからなかったり、やってみて効果がなかった、もしくは逆に痛くなってしまった方はプロに診てもらいましょう。

 

 

分かりやすく説明してもらえて、しっかり施術を受ければ改善も早いです。

 

 

ただし、1回で良くなることはないのでしっかり根気良く続けましょう。途中で諦めるくらいなら、時間とお金の無駄になりますので最初から整体に行くのはやめましょう。

 

 

また、整体へ行く際には必ず下調べをしましょう。どんな先生なのか?どんな施術なのか?どれくらい費用がかかるのか?など、インターネットでも調べることができるので必ず調べてください。飛び込みで行くと必ず失敗します。

 

 

こちらを参考に

正しい整体の選び方

 


自己整体での骨盤調整には上級編もあった

骨盤を整える方法はいろいろとあります。コツコツ毎日行うと腰痛も良くなってきます。

 

 

でもよくあるのが、腰痛が良くなってきてもあともう少しだけの最後の痛みや動かしたときの詰まり感が取れない。

 

 

または、良くなってきたと思ったけど油断すると痛くなったり、朝起きるときだけ痛いなど、あと一歩のところまできているけど、もう少し腰痛を良くしたい。

 

 

そんな方はこの自己整体の上級編で腰痛を片付けてください。

普通の整体とは違う?整体での骨盤調整には上級編があった