危ない腰痛!あなたの腰痛は内臓が関係している?


病院に行っても治らない腰痛の原因とは


腰痛の男性
腰痛の男性

朝起きるときに腰が痛いとツライですよね。

 

ギックリ腰を何度も繰り返している、

 

仕事中座っていると腰痛が起こる、

 

足やお尻に坐骨神経痛も出てしまった・・・

 

思い出すだけで嫌な気分になる。。。

 

ちょっと痛いから温めたり、湿布を貼ってみたりしてみたけど、またこれ以上痛くなったら嫌だなーと思って生活してませんか?

 

 

まあなんとか動けてるしてるし、我慢してたらまたよくなるし…

 

 

実はこれって危ないんですよ・・・

 

 

たかが腰痛と思ったらいけません!!

後々大変なことになるかもしれません。

 

 

ここからは内臓と腰痛の関係について解説していきます。

 


腰痛になぜ内臓なの?


【 腰痛の85%は原因不明という事実! 】

腰が痛いんだから腰が原因だろうと思ってしまいがちですが、実はそんなこともないんです。日経新聞にこんな記事がありました。

 

 

腰の痛みを訴えて受診する人のうち、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など原因が特定できる腰痛は実は約15%。

ぎっくり腰を含め、病態不明の『非特異的腰痛』のほうが多い」

腰痛全体の約85%は、レントゲンなどの画像検査では腰に明らかな異常が見られない「非特異的腰痛(腰痛症)」である。

 

 

つまり全国的な調べで腰痛の85%は原因が分からないとなっているということです。

 

 

驚きですよね?こんなに医療が進んでいるのに身近な腰痛の原因がわかっていないなんて。

 

 

病院に行ってレントゲンやMRIなどで腰を見て原因を診断できる腰痛は15%ですよってこと。

 

 

せっかく病院に行ったのに、異常はないですね、しばらく様子をみてください。と湿布や痛み止めの薬をもらって終わった経験ありませんか?それは原因わかりませんでしたってことです。

 

 

現場に出て患者さんの体を実際に診ている私からしたら当たり前なんですけど、今までの経験からすると90%くらいの方は腰以外の原因で腰が痛いと言って来院されていますね。

 

  • 腰が痛いから腰を揉んでもらっている
  • 注射うってもらった
  • 湿布を貼っている
  • 牽引してもらっている

こんなことはもうやめませんか?

 

 

 

腰痛を雨もりに例えると
腰痛を雨もりに例えると

例えるなら、

 

 

自宅の床が濡れていたら、雑巾で拭きますよね?放っておく人はいないと思います。

 

 

拭いて床が綺麗になりました。普通ならそれでいいのですが、もし原因が雨もりにより床が濡れていたとしたらどうなりますか?

 

 

拭いて綺麗にしても雨もりですぐまた濡れますよね。床を綺麗にしたいのであれば雨もりを直す必要があります。

 

 

これを腰痛に置き換えてみてください。

 

 

床が濡れているから床を拭く。

→腰が痛いから腰を治療したり、ストレッチしたりする。

 

 

でも原因が雨もりだからまた濡れる。

→腰痛の原因は違うとこにあるからまた痛くなる。

 

 

だから雨もりを直す。

→腰痛の原因を探してそこを治療する。

 


【 腰痛と内臓 】

内臓はなぜ腰痛の原因になるのでしょう。

 

 

そもそも内臓は身体の外側からは見えませんが、人の胴体部分に存在しています。これは無造作に存在するのではなく胴体の中でいろんなところとつながっています。

 

 

普段あまり気にすることはないのですが、重力のある地球で人が二本足で立っていられるのはなぜでしょう?考えたことないですよね。

 

 

それは骨が支えとなっていることと、その骨のバランスを筋肉で操作しているから立っていられるし、運動することができるんです。

 

 

これは内臓にも言えます。内臓も重力の影響を受けているので支えがないといけないのです。それが胴体の中での骨や筋肉、内臓同士のつながりになるわけです。

 

 

しかし、いくら支えがあったとしても、疲れなどで支えが弱くなると少しずつ重力に負けます。内臓が元の位置から胴体の下の方に移動していくんですね。また、血流が悪くなり内臓自体は硬くなって機能が低下します。

 

 

考えてみてください。あなたの内臓全てがカチカチになり、お腹の下の方に落ちてしまっているとしましょう。さて、その状態で動くとどうなりますか?なんか動きにくい気がしませんか??

 

 

この動きにくさが影響して腰痛が出るということなんです。

 

腰痛と内臓
腰痛と内臓

【 腰痛を伴う病気 】

腰が痛いと思っていたら内臓の病気だった!という話を聞いたことはありませんか?

 

 

人の体には内臓の異常を察知する機能があります。自律神経の働きで、内臓ー体性反射という機能のことなのですが、これは内臓への刺激が背中の筋肉を緊張させるといった感じの機能のことでそ。防御収縮とも呼ばれたりして体を守る機能になんですね。

 

 

腰が痛くなる疾患は他にも、

 

慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎、胆石症、胆道結石、腎盂腎炎、尿路結石、、子宮筋腫、卵巣嚢腫、卵巣炎、腹部大動脈瘤、

 

などなど、たくさんあります。

 

 

痛みの信号が痛みのあるところと離れたところに出るというのは、人の体の機能からしたらごく当たり前のことなんですよね。

 

 

家に雨もりがあるのに放っておいたらどんどん悪化していくのと同じで、腰痛の原因を放っておくと取り返しのつかない大変なことになるかもしれません。

 

 


不調で腰痛になりやすい臓器は?


ここまで読んでいただいた方は、内臓と身体のつながりということについてなんとなくわかってもらえたと思います。そこで内臓の症状として腰痛になりやすい臓器を紹介します。 


【 腸の不調で腰が痛くなる? 】

腰痛と腸
腰痛と腸

腸と腰の関連性はあまり有名ではありませんが、腸が弱くなって腰痛になる場合もあります。

 

 

腸の働きとしては、消化・吸収・排泄・免疫があります。

 

 

例えば、食べ過ぎなどで働かせすぎると腸が疲労します。

 

 

すると腸が固くなってしまい、支えているまわりの筋肉、腹部の筋肉も衰えて硬くなり、筋肉がカバーしていた圧力が腰への負担となっていきます。

 

 

腰部の筋肉が圧迫により血流が悪くなり、腰痛を発症してしまうという事になるのです。

 

 

 

また便秘で大腸が圧迫され肥大することで腰を圧迫して腰痛を引き起こすこともあります。特に女性が多いですね

 

 

実は、便秘の状態が慢性的に続いていると、

 

「腰痛になる一歩手前の状態」

 

に体がなっています。

 

 

この状態に気づかないまま放っておくと、腸の膨張で周辺の器官や血管、神経などを圧迫してしまい、それが血液循環の悪化などを引き起こします。

 

 

血液循環が悪くなると、滞っている場所に疲労物質が溜まっていくため、腰痛などの痛みを発生しやすくなってしまうのです。

 

 

 

これらの理由から、腸の状態が悪い人は同時に腰痛を引き起こす可能性が高いということになります。

 

 


【 腰が痛くなったのは腎臓の影響? 】

腰痛と腎臓
腰痛と腎臓

腰が痛いときによく心配される内臓といえば腎臓ですよね。急に腰が痛くなって、熱が出てきたときは腎臓の病気の可能性が高いです。

 

 

腎臓は特に腰と解剖学的につながりが深いので、

 

腰痛=腎臓

 

と言われたりします。

 

 

 

その腎臓の機能は血液をきれいにする循環機能と、血液から不要なものを尿にする排泄機能があります。血液を濾しているわけですね。

 

 

なので、血液がドロドロな人ほど腎臓に負担をかけやすく、また水分不足の人も腎臓が不調になります。

 

 

負担をかけ続けていると血流が悪くなり腎臓は硬くなります。硬くなると腎臓を覆っているジェロタ筋膜という膜も硬くなります。

 

 

ジェロタ筋膜は腎臓を覆うとともに周りの組織とつながっています。そのひとつに腰を支える大腰筋があり、そこが硬くなるということは、結果的に腰の安定性が失われ腰痛になるということになります。

 

 

さらに、腎臓には心臓の1回の拍動で排出された血液の25%が流入します。硬くなって血流が悪くなるということは、全身にまで影響を及ぼします。

 

 

定期検診などの検査で腎臓の数値に出なくても、なんとなく体の調子が悪い、冷え性、眼が疲れるなどの症状がある人は腰痛になりやすいと言えます。

 

 

ブログ:腰痛と腎臓の関係を知っていますか?


【 腰痛とストレス 】

腰痛とストレス
腰痛とストレス

突然ですが、ストレス溜めてませんか?

 

 

老若男女問わず多少なりともストレスを感じている人がほとんどでしょう。

 

 

しかし、ストレスと腰痛が関係していると言われてもあまりピンとこないですよね。

 

 

現代には様々なストレス要因がありますが、人の体にはストレスに対抗する機能があります。それは副腎という臓器です。とても素晴らしい臓器ですが、一般的にはあまり知られていないですね。

 

 

 

副腎は腎臓の上に乗りかかるように存在し、形はピラミッド型で、大きさは腎臓の20分の1くらいの小さい臓器です。機能は腎臓とともに循環機能と、様々なホルモンを排出する機能があります。

 

 

特にホルモンに関しては、人の体の環境を一定に保ち、私たちが生きてく上で欠かせないものです。副腎は小さな臓器ですがとてもパワフルに働いてくれています。

 

 

そんな副腎ですが、朝は活発に働き、夜には休むというリズムがあります。そのリズムが正しく刻まれているとき副腎の働きは正常なものになります。

 

 

しかし、24時間ストレスがあるような現代では副腎の休む暇はありません。そして比較的簡単に疲れ、機能が低下します。

 

 

腎臓の腰痛と同じで、副腎は腎臓とともにジェロタ筋膜という膜に包まれているので、負担をかけ続けることで硬くなり腰の安定性が失われ腰痛になります。

 

 

 

また、機能の低下した副腎はホルモンが排出されにくくなるので、低血圧、立ちくらみ、イライラ、風邪を引きやすい、生理不順、頭痛などの症状が出てきます。

 

 

こういった症状に心当たりがある人は、治らない腰痛に悩まされていませんか?

 

 

ブログ:長引く腰痛は副腎から?


腰痛治したいけど・・・


内臓の過労や疲労は、病院での検査で病気として実際に反応がある場合もありますし、検査では異常がないという場合もあります。

 

 

病気でなくても内臓が疲れているなと感じることは皆さんも経験したことはあるのではないでしょうか?

 

 

食べすぎや飲みすぎの後に胃がもたれているのを感じたことなどありますよね。分かりやすく言うとそんなイメージです。そのような内臓の疲れから、腰に痛みが出る事は非常に多いんです。

 

 

ではその内臓に疲れがたまらないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

  • 睡眠
  • 食事
  • 運動
  • ストレス

 

この4つのポイントが大切になってきます。特に食事でのアルコールや脂質、糖質の摂り過ぎには注意が必要です。

 


【 腰痛を診てもらっている先生に聞いてみる 】

あなたが腰痛で通院していて、その腰痛が改善されない場合は診ていただいている先生に今の自分の状態を確認しましょう。

 

 

そして説明をしっかり聞きこれからの方針を確認しましょう。同じ治療を受け続けても無駄になりますからね。

 

 

確認し納得できればいいのですが、納得できない場合は病院であれば科を変えたり、大きな病院を紹介してもらいましょう。

 

 

治療院などでも確認をすることであなたの意志を伝えることができます。あなたの意志に答えられないようであれば治療院を変えましょう。

 

 

特に内臓からきている腰痛は放っておくと危険です。血圧、頭痛、便秘、冷えなどの内臓の症状があり腰痛にお悩みであれば、内臓の調子を確認してもらいましょう。

 

 

検査などの数値ではわからない内臓の不調でも腰痛になるので、内臓の調子を診てもらっていないようであれば必ず他に変えましょう。

内臓疲労からの腰痛かな・・・

一人で悩まないで、不安なときはいつでも連絡してください。あなたの本当の腰痛の原因を教えます。

 

【 和歌山市の腰痛は相-ai-整体院 】

 

ただいま

キャンペーン中!

ここだけの<腰痛整体>

・筋肉調整

・骨格調整

・内臓調整

・頭蓋調整

 

4つの調整であなたのツライ腰痛を改善する

和歌山市の相-ai-整体院だけのオリジナル整体

ご予約・お問い合わせ

 ☎︎073-435-4545

受付時間

月・火・木・金 8:30〜19:30

          水・土 8:30〜13:00

 定休日[日曜日・祝日]